ジャイコかの&インフルエンザの予防接種

今日はpicoさんに誘ってもらって、「布絵本の世界」に行きました。
今回3回目・・・か、4回目。
久々の参加です。

布でできている、おままごとセット、絵本、釣りセット、今回はクリスマスツリーも!
毎回すごいなぁと思うのですが、やっぱりすごかった。
久々の参加だったかのちゃん。
前回までは、口にいれるか、釣りセットくらいだったかな、確か興味持ってたのが。
でも、今回は、おままごとセットに突進!でした(笑)

途中15分くらい、布絵本を作っているおばちゃんたちのお話(読み聞かせ?みたいな)があるのですが、それも今まではほけ~っと聞いているか興味なし、だったのが、
今日は、まぁ、積極的に参加していました!
というか、参加しすぎ・・・。┓(´_`)┏
「サンタさん、どこかな~?」とか「次は何が出てくるかなぁ~?」とか、全部前に出てっていろいろやろうとするんだもん。
とってもいいような。途中からおばちゃんたち少し困っていたような(苦笑)

まぁ、でも、母は参加してくれてうれしかったです。
おばちゃん同様すこーしだけ、困ったけどね(;^_^A

そのあと、急にpicoさんちにお邪魔することになりました。
というか、前日の夜にメールをもらっていたのに、ぜんぜん気づかなかったのだ。(;¬_¬)

あぁぁ。ここで途切れてます。
もういいや、UPしちゃえ。
また今度~・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日はおうちで。。。

今日はまだいまいち調子が戻らない上、天気悪し。
ということで、一日おうちですごしました。

一日おうちにいると暇だな~ってことで、
おやつ作り。
おんぶの会のはるくんママさんに教えてもらったレシピで、
卵バター不使用のバナナケーキ。に、お芋とりんごをいれて。
Img_3422_custom
作ってるぽいでしょ?
。。いやいや、作ってますよ~。

かのちゃん、おやつ、作ろうか~、というと、
つくる~、わーいわーいo(^o^)oと喜びます。
ママと順番こに混ぜ混ぜします。

おもいっきり、材料のバナナとりんごをつまみ食いしてましたヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ
まぁ、それもお料理の醍醐味かしらね~。

焼きあがってすぐ、食べました。
かのちゃん、大喜び。

その後、一人遊びしていたかの。
「ママ~、でちた!でちた!みて~」というので、見に行くと、
Img_3421_wince
こんな作品?ごはん?ができていました。
並べただけだけど、なんか、いい。

きらくかんの影響か、体調が悪いだけなのか、
ぼへら~っとしていて、注意や怒ったりする気力もなく、
なんだろな~、いらいらするのをこうやって勝手に体で調整してるのかしらん?
と、へらへら過ごしていたら。。。
Img_3435_custom

いつの間にか、うちの中がこんなになってました(;^_^A
かのちゃん、散らかしすぎよ~!!

結局ちょっとかちんときてしまいました。あ~あ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

保育園見学またまた

再度保育園の見学。
一つ目に見に行った、私立の認可保育園です。
一見シュタイナーか?って感じで、でも実はモンテッソーリを取り入れているらしいところ。

近くの公立も見に行ったんだけど、
それほど印象悪くなかったんだけど、どうなの?って思うところがやっぱりあって、
まだ、決まらない。
申し込み、もうすぐなのに。
というので、今度は園長先生を直撃?してみました。
一体どうして、モンテッソーリで、先生たちは若くて、どういう保育をしていきたいの?って思ったもんだから。

今回は、お昼ね後の3時過ぎにお邪魔しました。
また、前のように、ちらちらと見せていただく。
2歳クラスはちゃんと座っておやつを食べてました。
345歳の縦割りクラス(このへん、モンテッソーリ)は自分でお茶をつぎにいったり、片付けたり。
そのあと、園長先生にお話を聞きました。
かのちゃん、なんと突然借りてきたネコのようにおとなしく。(」゜ロ゜)」 ナント
いや~、園長先生がさ、ピシッとしてて、ちょいと怖そうだったんだよね(笑)
それから、年長クラスがお勉強してる部屋でお話を聞いたんだけど、そこの空気がなんかピン、としてたんだと思う。

丁寧に説明してくれました。
現在の学校教育に疑問を持って、幼児期はとことん自分の興味をもったことを突き詰めてやらせてあげたくて、モンテッソーリにたどり着いたことや、
(なので、運動会や発表会は一切なし。必要ないと考えます、だって。)
年長クラスでのお勉強のこと。
↑文字と数くらいかと思ったら、そういうのもやるけど、むしろ、論語(子、曰く・・・ってやつだね)とかやってるらしい。美しい日本語に触れてほしいそうな。(☆o☆)でも、やりたくなければ、園庭で遊んでいてもいいらしい。
そして、そのお勉強にやっぱり年配の先生は抵抗があるらしく、若い先生が集まってるのかな、ってこと。でも、経験も大事だけど、子どもが好きで、そういった新しいことも素直に取り入れていける若い力を重視している、と言ってました。
あと、年少さんは、登山して、年中年長さんは(親なしで)キャンプするらしい。たくましいね。

なるほど。
なるほど。
主張はよくわかったし、いいなぁ、と思うところも、ある。
というか、全般はいいなぁと思ったけど、
発表会系が一切ないのと、論語は・・・。(・・いや、論語はどっちでもいいけどね。でも、ほかでもいいなぁ。)

発表会系って、自分もやってきたし、当たり前だった部分もあるのと、
あとは、やっぱり親の欲なんだと思うけど、
やっぱりこのかわいい時期のわが子がお遊戯するのって見てみたいと思っちゃったり、するじゃない?
年に何度も何度もあるのは、子どもたちに負担だとは思うけど。遊ぶ時間なくなっちゃいそうだし。
というか、年に1~2回でも負担かもしれないけど、ねぇ。見てみたいじゃな~い。

というところで、悩んでます。(爆)
あ、あと、手作りおやつなんだけど、今日は「アメリカンドッグ」だった。これは・・・。
それも、棒部分はプリッツ(爆爆)
・・普通に蒸しパンとかふかし芋とか、りんごとかでいいと思うんだけど。
・・・でも、こんないちいちケチつけてちゃだめよね・・・。

帰りに離れ(年長さんのお勉強部屋)から出るときに、「かのちゃん、だっこしようか」と声をかけたら、「歩ける子をわざわざ抱っこする必要はありません」と一喝(?)された。
いや、ここ、離れだしさ、かのの靴、持ってきてないし・・・と、思ったけど、言わずに抱っこして、本舎に着いてから、降ろしました。
こういうの、たいしたことじゃないってわかってるけど、凹むんだってば。。。結構。(凹みやすい・・・)ま、勘違いがあったってことにして、いいことにしたけど~。

あと、借りてきたネコ状態でおとなしかった娘を見て、
「おとなしいお嬢さんね~」といわれました。
とんでもなーい。「すごくおやんちゃなんですよ。」と言ったら、
「あら、じゃぁよくわかってるのね」と言われました。
うん~、そうかもしれない。なにかを・・。

まだまだ悩みそうです。
どうしてどこもちょっと極端なんだろうなぁ~、うちの近くの保育園。普通でいいのに~。

帰り道。
かのに、「いっちゃうよ~、ママ・・・かのちゃん」と、言われました。
「かのちゃん、行かないの?ママ、行っちゃうよ~」の応用だと思われる(爆)
ごみんよぅ。でも、よく脅しちゃうの。最近Y(>_<、)Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

保育園見学また

今日もまた?保育園見学に行きました。
今日は、県と市の認定保育園。平たく言えば、無認可保育園。
でも?ここ、近くにある公立の園よりも歴史が古くて、それなりの規模で、あまり無認可である理由が見当たらない。ちっちゃいけど園庭もあるし。

この園、無認可だけどとっても人気らしくて(見学ですら3週間待ち)、なので、と電話したときに、ちらっとどんな特色があるのか聞いてみてたんだよね。
そしたら、
「保育園と幼稚園のいいところを取り入れたような・・・。例えば、保育園のように(ここは乳幼児園という名前なのです)、お散歩にもよく行って、よく歩くし、異年齢交流も多い。でも、保育園だと、『保育』なので、教える、という発想はないけれど、ここは幼稚園のように、ちゃんと座って、何かをする時間もある。小学校に上がると『保育園の子はちゃんと座ってられない』という話を聞くが、この園の子はそんなことはない」みたいな話をされました。

話を聞いて、の第一印象は、「え?保育園の子って座ってられないの??」で、なんかちょっと早期教育っぽいのかなぁ?という印象を受けました。

実際、見学に行ってみると、園の雰囲気は良かったです。
先生たちも、自信もって、どーん、とそこにいる感じだし、子どもたちものびのびしてるし、対応してくれた先生(園長先生の娘さんらしい)もすんごく丁寧に説明してくれたし。

で、早期教育なのか、ってとこなのですが、それは考え方としてはちょっと違うみたい。
「幼稚園の子は家にいる時間が長くて、そのなかで自然と親から教わることも多い」から、ということで、その部分を補いたい、って感じかなぁ。「小学校に入ったとき、困らないように」と言っていました。
でも、いっぱいやってるみたいなんだよね。
3歳クラスになると、お箸の持ち方に、鉛筆の持ち方。
4歳クラスになると、文字をならって、英会話も。
5歳クラスになると、自分の名前が書けて、なんと鍵盤ハーモニカまでやってくれるらしい。
盛りだくさん。
園の先生も、保育師だけでなく、幼稚園の教諭免許も持っているらしい。

園全員布オムツで(洗濯付)、1歳クラスに入るとトイレトレするから、2歳クラスにあがるころにはみんなパンツマンってのは、いいなぁ、と思ったんだけど。

それから、なにしろ行事が多い。
もちろん、親の参加も多い。
というか、行事が多いと、(人によるけど)きっと親はうれしいだろうと思うんだよね。
わが子のお遊戯とか運動会とか、きっと楽しみだろうし。
でもそうするとさ、子どもにとっては自由に遊ぶ時間がなくなっちゃうんじゃない?

と、聞いてみると、
「保育園だから、保育時間が長いから、遊ぶ時間も十分にあります」とのこと。

正直なとこ、
年に1~2回は、お遊戯とか見たいな、とか思う親心もあるんだけど。
(でも、もっとたくさん行事ありそうだった)

でも、おいも掘ってたり、クッキングしてみたり、
裸でどろんこになって遊んだりもするみたいで、その辺はいいなぁと思うんだけど。

どうなのよ?これ。
盛りだくさんすぎてよくわからなくなってきた。

それから、
「保育園出身の子は座ってられない」の真相、、、は、わからないけど、
たしかにこの園の子はすごかった!!
2歳クラスでもおとなしく座ってご飯食べてるし、
年長さんなんて、先生が配膳してる間、ずっとしゃべらずに手はおひざ!だよ~~!!
なんとまぁ、びっくり(」゜ロ゜)」 ナント

すばらしい、というか、子どもらしくない、というか・・・。
いや、すごいんだけど、ちょっとえぇ~?とかも、あったりして・・・。
(いやでも、そういう雰囲気の中にいれば、みんなできるんだろうな)

ところでお友達の保育士さんに聞いてみました。「保育園の子は座ってられないの?」って。
そうしたら、
「いや、一概には・・・。まぁ、保育園ってやっぱりいろんな家庭の事情がある子がいるから、やっぱり家庭とかで不安定だと、そっちに気持ちが向かない子もいるとは思うけど・・・。今は幼稚園もあんまり変わらないんじゃないかなぁ」との返事でした。

あと、無認可なのは、敢えて、で、
なぜなら、認可を取ると、教育活動がすっごく制限されるため、やりたい保育ができなくなってしまうから、と、言っていました。
それから、こんな話も・・・。
認可だと、所得層によって保育料が違うけど、認可外だと、一律なので(正直少し高い)、親の粒がそろいやすい。(←とまでははっきり言わなかったけど。だんなに言ったら、「いや、今のおかしい親って所得じゃ決まらないから」と言われたけど)
そこの園は、先生やお医者さんや比較的所得層の高い家庭が多いそうで、そうすると子どもの粒もそろいやすいのかなぁ?とすこーし思いました。(これも反対されそうだね)

なるほどねぇ。
そういう考え方も、あるのか。

でも、いろんな人、いろんな考え方があるこの世の中。
避けて通れるものは・・・ってのも、いいのか、悪いのか。


あぁ。わからない。

すんごく正直なところ、
「これから4年間、毎日、公園に遊びにいくばっか(や、園庭で遊ぶばっか)でいいのかなぁ?」って思ったことはある。(まぁ、今の保育園は、創作活動とかも大体やってるけど。

でも、「子どもは遊ぶのが仕事だから、いっぱい自由に遊んでほしい!」とも思ってて、
いいもの(っていうのは手作りのもの、和食、粗食、できれば添加物や農薬などの少ないもの)を食べて、しっかり歩いて運動して体をつくってほしいなぁ、と、思っていたりもして。

本気でよくわからなくなってきました。
あとは、公立の園も見に行くかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

保育園見学に行きました

あぁ、夏が終わったら、そろそろ保育園の見学に行かなくちゃ~、申し込みってたしか11月だったよなぁ~・・・なんて考えていたら、
あれ?気づいたらもうすぐ10月?!大変だ~!ってことに気づきました。
(実際は申し込みは12月だったのだけど)

というわけで、保育園の見学に行ってみました。
最初はなんにも考えずに近くの公立の保育園に入れようと思っていたんですが、
これがなんとも第一印象が良くなくて・・・。
今日は認可の私立保育園。

聞いてはいたけれど、本当に林の中にひっそりとありました。
でも、できたのは最近で・・・2年前?
見学に行ったママさんの話では、「先生たちが若すぎて頼りなさそう」だったのですが、
確かに、先生たちはみーんな若くって驚いたけど、そーんなに頼りなさそうではなかったよ。
やさしそうでした。
(でもやっぱりお母さん先生のほうが頼りになるのだろうか?1歳児クラスの担任が二人とも新卒ってのにはちょっと驚いたけど・・・これってあり?って。)

そして、さらに驚いたのは、一部モンテッソーリを取り入れていたこと。
歌を歌って踊っている子たちと続きの教室で自由に遊んでいる子達に、「なにしてるの?」って聞いたら「お仕事」って帰ってきたんだもん。これってモンテッソーリじゃーん。みたいな。
でも、園庭は(広くないのだけど)林っぽい雰囲気で、せせらぎがあり、起伏のある中に、自然な木の形を生かした遊具があり(普通のもあったが)シュタイナー思想か?みたいな。(結構素敵でした)

どうも、この土地、もともとは理事長先生が持っていた土地で、
この土地を有効活用したいと思っていたところ、
知り合いの専門家?に保育園をつくってほしいと言われて、
はじめたようです。
だから、理事長先生自体はもともとは違うことをやっていて、幼児教育の専門家ではないんだよね。
でも、どんな保育がいいのか勉強していくうちに、モンテッソーリを一部取り入れてみようかという話になったのだそうです。

実はネットの情報なんかでお勉強をしているイメージがあったのですが、
お勉強は、お昼寝をしなくなる年長さんが、そのお昼寝の1~2時間だけ、字や算数みたいなことを少し始める、という程度で、それほど早期教育的ではないみたい。

始めたばかりの保育園できっといろいろ手探りなんだと思います。
それを不安ととるか、一生懸命やってるだろうからよしととるか。
考え方ひとつなんだろうけど、
今回思ったよりいい印象を受けました。

うむむ。
もう少しほかにも見てみると思うけど、
学校や幼稚園保育園選ぶって本気で考えると難しいのね・・・。
なにがいいかなんて、素人じゃわからないし、きっと専門家でもわからないんじゃないだろうか。ただ信念をもって突き進むのみ。
もう少し、モンテッソーリとかシュタイナーとか勉強してみようかなぁ?

でも、今のところ、正直、なにがいいのかわからないので、
一斉と自由がバランスよくて、
一人一人を大切にしてくれて、話をきいてくれる保育師さんがいて、
昼食が和食よりで(粗食で)、できればおやつが手作りで。
そんなに家から遠くないところ。
って感じでしょうか。

また見ていくうちにもかわるかもしれないけどね~。


| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

きらくかん

まっちゃんにオススメされた「きらくかん」。
http://www.kirakukan.ecnet.jp/
野口整体式をもとにした、女性のための整体指導をしてくれるところです。
金曜日に行ってきました。

主な目的は子宮内膜症の再発防止、及び改善。冷えが気になっていたので、体質改善。二人目不妊の予防。それから、もし二人目ができたら元気な妊婦になりたい。等・・・。
婦人科には行ったけど、今は治療の必要があるほどの症状の重さではないと言われ、できることは、生理痛の出る前に鎮痛剤を飲み、子宮周りの緊張を とること、と言われたんだけど、できれば薬に頼らない身体になりたいし、悪化して治療するのを待つのも嫌だな、と思っていたのと、自分の体の状態を継続的 に見てくれる人がいるといいなぁ、と思っていたので、紹介されてすぐに飛びついてしまった。(;^_^A

野口整体式、というのは、去年アーユルヴェーダのベビーマッサージに行ったとき、その続きが野口整体式の講座で一度だけ話を聞いたことがあった。
野口整体についての予備知識は、からだが動きたいように動かすのが良い、ということと、手を当てて癒気(癒してあげる)する、ということと、ぼきぼき言わない整体だ、ということ。

癒されました・・。
結構遠くて、雨だし、娘は眠くてぐずぐずで、電車の中で大騒ぎ。かなり疲れて到着したのですが、
まず、そこにいる人たちの空気がみなやわらかい。
で、保育スタッフもいてくれるんだけど、母子分離!って感じじゃないのね。ドアを開けてて、娘は自由に出入りできて、私の横にねっころがってみた り、整体師さんの真似して手を出してみたり、でもそれも全然OKなのね。だから、娘もすぐ安心してご機嫌にちょろちょろしながら遊んでもらっていました。
で、ぎゅっぎゅっぼきっぼきっ、ではなくゆっくり進んでいくので、落ち着く~。

右側が疲れてますね、と言われました。
で、頭と目を使いすぎてて疲れてる。あと、全身がリラックスしきれてなくてすこし緊張している、と言われました。
まずは、目と頭の疲れをとって、体の緊張をとってから、内部の筋肉を鍛えるようなエクセサイズをしていきましょうと。

娘の風邪がうつって未だ鼻がぐずぐず、ずっとプールの後みたいな感じなのですが、それは、頭を休めて~、という、体からの合図ですよ、とも言われました。
なるほど・・・。ここのところ、本を大量に借りてみたり、考えることがいっぱいあったり、疲れるようなことしてたかも。頭でっかちになってたかも。
バランスが崩れたんだろうな。

ところで、せっかく遠くに来たので、ついでに娘も見てもらいました。
なにを、と言うわけでもないけど、ちょっとかんしゃくが気になるのと、子どもの状態と一緒に見てもらうことによって育児も少し助けてもらえることがあるかな、なんて思って。
でも、問題なし(当たり前?)。母子関係もよくできてますね、って。(*^^*)
かんしゃくは、お母さんの頭の疲れからきているかも、と言われました。なるほど・・・反省\(_ _)思ったより、母と子はつながっているのだそうです。

体の力を抜くエクセサイズと目の温シップ、足湯(picoさんが教えてくれたのとほぼ同じだったよ!)を教えてもらって帰ってきました。

帰りにすこーしだけ寝たかのちゃん。
なにかエネルギーをうけて疲れちゃったのでしょうか。
3時半に昼寝を始めて、5時半に一度おき、「おっぱい、ねんね~」なので、またおっぱいあげたら、、、
8時になり、9時になり、、、起こすのをあきらめて、一緒に寝たら、11時に一度おきたんだけど、やっぱり「ねんね~」で、結局朝までご就寝。(」゜ロ゜)」 ナント
まさか、そのまま起きないとは・・・。
まぁ、朝は5時から大ハッスルでしたが。

当日は、お風呂アルコールは禁止、目も使わないでね、といわれていたのですが、娘を待っている間、ついついテレビをみたり本を読んだりしてしまいました。
そのせいか、ちょっと頭が痛いです。
そして、なんだかすっごく疲れています。これは、長旅のせい?
整体うけて4日目くらいが一番変化がおきやすいそうなので、もうちょっと楽しみに待ってみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初めての本格的な発熱

長いタイトルだな・・・。
娘、「初めての本格的な発熱」中です。

前回はロタの時で、夜寝ているときに熱が上がり(多分39度弱まで)、でも起きたときにはすっかり下がっていたのです。

経過記録。

金曜日。
考えてみればおんぶの会のときからぐずぐずしてたけど、発熱は夜中。
夜中のおっぱいで熱いことに気づく。37.5度

土曜日。
朝。
起きた瞬間37度、でもすぐまた37.5度に逆戻り。
でも、本人はいたって元気。朝ごはん(おじや)もちゃんと食べた。
熱はあるけれど、ほかには何の症状もなく、逆にそれが気になって小児科へ(夜間救急にかかるのは嫌だったのもあって)。
おなかの音もOK、耳もきれい、のどもきれい。ほかに所見なし。これから熱は上がるかもしれないけれど、救急にかかる必要はないので、月曜日まで様子を見てください、とのこと。
念のため、熱がすごくあがっちゃってどうも苦しそうなときように、熱さましの坐薬をもらいました。

お昼ごはんもそれなりに食欲もあり、そうめんを食べました。

昼過ぎ。
熱も微熱だし、娘を寝かし付けて、もともと予定していた、エマちゃんの直しを手伝ってもらいに、人形のお店へ。(エマちゃんhttp://tomo-kano.cocolognifty.com/blog/2007/05/post_cb2f.html
そしたらすぐに目覚めて、ぐずぐずになってママを探し始めたらしく、熱さまシートを張られた娘、お店まで車でお迎え。
帰ったあと、熱を測ってみると、38度超え。ごめん~。

夕方~夜。
熱、下がらず、38.1度~38.7度をうろうろ。
食欲も少し落ちる。
すりおろしりんごを食べる。ごはんも少し。

夜中。
ぐずぐず。
おっぱいが離れると泣く。

日曜日
朝。
38.5度。起きるとぐずぐずだったので、足湯をして、身体を拭いて着替えさせる。そしたら落ち着いて、「ぐるぐるどっかーん」を見せろと催促。DVDをかけてあげると踊る。踊る元気はあるみたい。
picoさんの日記で見た玄米クリームをつくってみた。
でも、全然食べてくれずY(>_<、)Y、すりおろしりんごは食べた。

昼。
熱38.3度~38.9度。やっぱりぐずぐず。
おっぱいをあげるとすぐウトウトするけれど寝られない。
休めないし手が離れないから何にもできない。
手が3本も4本も欲しいくらいなのに、ダンナさんは昼過ぎまで爆酔。これにはちょっとかちんときちゃったよ。(-_-#)

夕方。
ついに熱39度を超す。
少し昼寝した直後に39.7度という体温計の表示を見て、さすがにちょっと焦る。坐薬入れようかどうしようか・・・。
とりあえずその後39.3度くらいまで下がったので、夕飯を食べてから様子見て寝る前にどうするか決めることに。

夜。
夕飯、食欲なし。
バナナ食べる?ううん。りんご食べる?ううん。・・・こんなに食欲がないなんて・・・(T-T)
最後にダンナが「ぼーろ、食べる?」これには「うん!」だそうな。(-_-;)
ご飯食べずにぼーろかぁ・・・。
ご飯食べずにぐずぐずおっぱい。
おっぱいあげながらご飯、なんてしてしまった。ほんとちっちゃい頃以来。
ご飯が終わったら、すぐ「寝る!」アピール。
でも、picoさんに教えてもらった足湯(42℃で8分間。赤くない方の足をもう一度。さめないうちに寝ると風邪なら翌日には治ってるらしい。野口整体式)をしてから寝ようとお風呂へ。
そしたら、なんだかちょっと元気になっちゃったみたい。熱を測ると38.6度。坐薬は見送ることに。
ちょっと元気になって遊びたそうだったけど、せっかく足湯をしたので寝かしつける。

夜中。
やっぱりすぐ泣く。
泣くたびに汗をかいているので、着替えさせて、水を飲ませて体温計測。徐々に下がってきた。
38.9度→38.3度・・・・・→37.6度。

月曜日。(今日)
朝。
36.9度。やった~。
これって、足湯のおかげ?・・・わからないけど、足を暖めたので寝つきはよかったです。足湯、やっぱりすごく落ち着くみたい。これは使えるよ~。
すっかり元気風の娘、5時からママに「起きて」アピール。眠いんだよぉ~。がんばってみたけどやっぱり起こされました。
(;^_^A
その後、37.7度に。
まだ食欲もあまり戻ってないようなので、やっぱり油断は禁物ね・・・。

母としては、すっごく突発性発疹を疑ってます。ちょっとのどがかれて少し咳が出るくらいで、ほかに悪そうなところもないし。でも突発ってもっと熱が続くんだっけ?
原因(?)がわからないだけにちょっと注意してみようと思います。

いつも行くお医者さん。あんまり薬を出しません。
人によっては気に入らない人もいるかもしれないけれど、私は好き。なので、重大なことにならないかどうか、診てもらうだけですむので、気になることがあると診てもらいます。
また熱があがるか、ぽつぽつがでたら診てもらいに行こうかな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

子どもの靴選び

木曜日、「子どもの体(足)づくり&靴選び」講座に行きました。

そのまとめ~。(ちょっと靴選びに特化して書きます)

前半は、子どもの足の発達に関してでした。

赤ちゃんの足は、軟骨と脂肪でできている
新生児にはかかとの骨はなく、成長とともにできあがっていく(7歳くらいになると大人の形に近づく)。軟骨でできているため変形しやすく(靴下でも変形するそうです)、必要な運動や保護を与え、正しい発達を助けてやることが必要。

正しい発達をするためには?
・毎日足を使うようにすること。
 1.足の指をしっかりと使える状況をつくる(はだし、足に合った靴(指を動かせる靴))
 2.毎日歩く(バギーは2歳半くらいでやめた方がいいそうな)
 3.外遊び

チェックポイントとしては・・・
・小学校に入る前に土踏まずができること。
土踏まずの役割
 ・二本足で直立したときにバランスよく保つ
 ・つま先で地面を蹴るときにばねの働きをする
 ・着地するときに衝撃をやわらげるクッションとなる


本当は子どもの足は裸足がいい!(靴下もなるべくやめる、つかうなら5本指に)
 でも、板の間やアスファルトでは、足を保護するための靴やぞうりを履かせることが必要。
 なぜならば、子どもの足は「軟骨と脂肪」でできていて、非常に変形しやすいから。(堅いところでは負荷がかかりすぎる)
→子どもの靴選びは慎重に!ファッションで選ばないで!

やっぱり屋内ではぞうりを勧められました。(マットやじゅうたんがあれば裸足でいいと思うよ)
ちなみに鼻緒はきつめがいいそうです。その子の足にあわせて伸びるからね。

というわけで、やっぱり靴選びは重要なんだそうです。
足を保護してくれて、正しい歩き方をサポートしてくれる靴。

で、後半。

靴選びのチェックポイント
ハイカット(必須!!)→できれば6歳くらいまで。少なくとも4歳くらいまで。
かかとの部分にサポートがしっかりはいっているか。(長ければ長いほど安定するが、歩いているときに内側にかかとが倒れなければOK)
つま先、親指の方が長いラウンド形か。高さも必要。
ソールの堅さ、靴のつま先は曲がって、真ん中は曲がらないようになっているか。

紐靴なら微調整がしやすく◎
でも、マジックテープでもOK。できれば2ベルトでループが通っているもの。(その子の足の幅や高さにきちんと合わせられるので)。1ベルトであれば太いもの。

やはり、革靴がおすすめだそうです。(多少伸び縮みし、足にフィットする)
布靴は、伸びない。伸びてしまったら伸びっぱなし。

サイズは、スニーカーなら0.5~1cm大き目。(スニーカーはすすめてなかったけどね)
ハイカットなら1cmより大きくてもいいよってことでした。

 


そして何より、きちんとフィッティングして選ぶこと!

・フィッティングのコツ
 かかと、とんとん(かかとあわせて)。マジックテープは子ども側にしっかりひっぱり、靴の内側がしっかり立つように。
・フィッティングのチェックポイント
 軽やかにあるくか。
 歩いているときにかかとが倒れていないか。


ちなみに、現在市販されている靴のほとんどが2Eという幅で、比較的広めの靴なんだそうです。
そして、足デカ(だと思ってた)かのの足でさえ、細め、と言われたので、広めって結構広めなんだと思う。
足細さんには次のメーカーあたり、すすめられました。
asics nano
mizuno
le coq sportif
ecco kids
あとは輸入もの系
ナチュリーノ、リコスタ、babybotte等

NewBalanceとかasics sukusukuとかは幅広めさんに向いてるそうです。

かのの足の状態としては
・つま先歩き(今はまだ普通のこと2歳半くらまでつづく。大人歩きになるのは6~10歳)
・右足が内側にはいりこむくせがある(手をひっぱって歩くといけないそうな。・・・でもそんなこと言ったってなぁ~・・・)
・細くて(ほんとか?)指が長い
ということでした。

それを踏まえて、靴選びは・・・




 





| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ノーパンうんうんヽ(^o^;)ノ

今日はパパちがUS出張へ旅立つ日。(5日間だけだけど)
高速バスの乗り場までかのとお見送りに行きました。
かのと別れるの、さみし~っていうから。
ママちと離れるのは大丈夫なんだそうです。
なんだそれ(´ヘ`;)・・・そんなもんか。
やっぱりだんだんこうなっちゃうんだねぇ。なんだかな。

で、お見送りから帰ってきてお昼寝が終わったかのちゃん。
おむつを替えようとおむつを脱がしたら、いつものように脱走。
最近はだかんぼになったり(お風呂から出たときとか)、お洋服を着替えたりすると、鏡面仕上げのスピーカーに映りに行っていろんなポーズしてます。(笑)
今日も脱走してそこでボディTをあげたりして見ていました。いろいろ不思議なんだろうな。
で、その後、ばぁばに電話する予定があって電話してたら(きっと電話始めたら近寄ってくるだろうからそしたらおむつすればいいやって思ってた)なんだ?うんこずわりしてる。

・・・でひょいっと立ってみたら。

えぇぇぇ~!うんうんが落ちてる~!
びっくり(゜ロ゜) ヒョオォォ!

電話中だったしあんまりびっくりしたので、すぐにトイレットペーパーで拾って拭いてしまいました。
・・・今考えれば、かのに見せて説明すればよかった。
予想外だったので、慌てちゃったのね。初めてだったし。

おんぶ仲間でトイレトレを早くから始めているお友達は家でノーパンにしてたりします。
そしたらきっとこんなことで驚かないんだろな。
夏くらいにやる気マンマンでいたら、パパちに「ママち意外と潔癖だから無理じゃない?」と言われました。
うむ~、確かに。じゅうたんあるしな。(じゅうたんはがそっかな?)
まぁ、でもトイレトレーニングの時期にあっちこっち水溜りができるのは普通のことでしょう。
ばぁばも「気づいたらあんたもうん○をあっちこっちにべたべたに貼り付けてたことがあって往生こいた」って言ってた。・・・それはさすがに・・・。
やっぱりおむつって気もちいいものではないだろうから、がんばって早くはずしてあげたいな。
まずは早起きからかぁ。(朝トイレに連れてかなきゃね~)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

少し浮上中

自分の余裕のなさに、かののかんしゃく。
あんまり凹んで、これはいかん、と借りてきた何冊かの本。
それと、元気になったこと(風邪が治った)、天気がよくなってきたこと(お外に行ける)、早く寝るようにしたこと、などで、ちょっと浮上してきています。

メモメモ。
「子どもへのまなざし」は、周りで読んでいる人がいたり、他の人のブログに引用されてたりして、一度読んでみようと思っていた本。乳幼児期から思春期までの子どもへの接し方がかいてある。
・乳幼児期は人格の基礎を作る時期、
乳幼児期に人を信頼できると子どもは順調に育つ、
乳幼児期に、人は、全面的に受容されることが必要
(その真っ最中にいると、細かく詳しく、この場合は?この場合は?なんて聞きたくなるものだけどね。そこまでは書いてませんでした。)
・赤ちゃん(乳児期、なのかなぁ?)の欲求はすべて満たしてあげるのが理想の育児
・しつけとは、繰り返し教え、そして待つこと。

(まだいっぱいメモしておきたいことはあるけれど)

本当にちょっと前あたり、すぐに怒る、手を出す、(ママパパにも友達にも)すぐぐずる、だったかのちゃん。
やっぱり「たたいちゃ、だめだよ」と、叱るわな。
でも、全然効果なし。
仕方ないので、「たたく子、嫌いよ」と、言ってみる。
もちろん、効果なし。

で、これさぁ、両方いらいらしてるからいけないんだよねぇ~。
根本的に改善しなきゃしょうがないんじゃ?と思っていたところだったので、すとんと落ちた。

・・・つづきはまた今度~。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧